2010年12月31日

ほぼ日手帳WEEKSを1ヶ月使った感想と来年の展望

■ほぼ日手帳WEEKSの使用感

ほぼ日手帳WEEKSを使いはじめて1ヶ月。

紙質はよくて、評判どおり書きやすいです。

でも、他のほぼ日グッズにあるような遊び心はあまりなくて、
持っていてじんわりと湧き出る楽しさとか幸福感は
感じられませんでした。
ほぼ日手帳のシリーズを使うのは、今回がはじめてですが、
たぶん他のほぼ日手帳にはこれがあるのではと想像しています。

触れ込みのとおり、よくも悪くも
ビジネス向けの手帳だということでしょうか。

DSCN2707


■手帳の役割はどこにある?

私は予定はGoogleカレンダーで管理して、
手書きメモは紙のメモ帳にメモ帳を使ってます。
紙のメモはScanSnapでスキャンして、
Evernoteに放り込んで管理するか、
Evernoteに転記してして保存という形をとっています。

このスタイルだと、実際には、手帳を使う場面が
多くはありません。

ただ、パソコンやスマートフォンをとっさに出せないときに、
予定を書き込むのには役立ちました。
その場合でも、その日時に予定を確保できるかどうかは、
あとでWebで確認しないとわかりませんが。


■手帳らしくない手帳の使い方

その程度なら手帳を使う必要はないのかもしれませんが、
来年からは手帳を「ノート」として使おうと思っています。

ちょうどいいタイミングで昨日読んだ本、
「思考・発想にパソコンを使うな」(増田剛己)では、
「メモ」と「ノート」で違う機能があるとされています。

(参考リンク:楽天ブックス)


この違いは、大きく分けると次のようになります。

ノートは文章化して書く。メモはワードの断片。
ノートはじっくり書く。メモはスピードが命。

そして、ノートは未来の自分が後で読み返して
役立てられるように書いていくというのがキモとのことです。


「ノート」のいちばんのポイントは「文章化」して書くということ。
文章化することで、記憶に定着しやすいし、
そのプロセスが自己分析力と他人に伝える力をつけるのだそうです。

続けないと意味がないのですが、移動が多い私が続けられるためには、
持ち運べるぐらいのサイズがちょうどよさそうです。
大きなノートではなくて、手帳ぐらいのサイズ。
というわけで、今日からは、ほぼ日手帳WEEKSを「ノート」として
使っています。
来年もしばらくこのパターンを続けて様子をみるつもりです。


■おまけ

ほぼ日手帳WEEKSに付録でついている鉄道路線図は、
この1ヶ月でもかなり役に立ちました。
複雑な路線図がコンパクトにまとまっていて、
出かけたときの駅や電車の中でちょっと見るのに
助かりました。


今年もあと1時間になりました。
みなさんどうぞよいお年をお迎えください。

Clip to Evernote
posted by 綴喜 功 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177841583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。