2010年11月16日

実験しました。「WordなどのOffice系ファイルから画像を抜き取る裏技」2つの方法

パッと見で評価しないで、実際にやってみてよかったと思えた実験。


■「WordなどのOffice系ファイルから画像を抜き取る裏技」その1

ライフハッカー[日本版]で紹介された方法。
「WordなどのOffice系ファイルから画像だけを抜き取る裏技」
http://www.lifehacker.jp/2010/11/101112imagefromword.html

手順は以下のとおり
「.DOCX」ファイルを複製し、拡張子を「.ZIP」に変更。
画像はZIPファイルの中にある「media」フォルダ内に保存されている、というもの。

でも、これはOffice2007以降でないと使えない。



■「WordなどのOffice系ファイルから画像を抜き取る裏技」その2

もう一つの方法は、Office2007よりも古いバージョンでも使える。

それは、html形式で保存する方法。

Officeソフトから「名前を付けて保存」を選び、
保存するファイルの種類を「Webページ」にする。

ファイルと同名のフォルダが生成され、
その中に画像ファイルが入っている。

この場合は、1つの画像で大きいサイズと小さいサイズの
2種類がフォルダに生成される。



■2つの方法を比べてみました

4種類の画像をExcelに貼り付けて、それぞれの方法で画像を抽出してみた。
元の画像はどれもデジカメ写真(JPEG)形式。

こんな形で貼り付けてみると。。。

2ScreenClip


それぞれ違う形式で保存されることがわかった。

ScreenClip


また、回転させた画像は、「ライフハッカー方式」では回転が無視され、
「Webページ方式」では、下の写真のように忠実に再現された。

image003


■結論

「ライフハッカー方式」を読んで、
「見かけは画期的な発見のようだけど、htmlに変換すればこの技は必要ない」
と思ったのは間違いでした。


2つの方式を目的に応じて使い分けるのが吉だとわかりました


*「ライフハッカー方式」
 それなりの画質のものを手軽に抽出したいとき


*「Webページ方式」
 画像装飾の忠実性や高画質を求める場合




■感想など


docxとかxlsxとかの実体がZipで圧縮されたxmlの集合体だということに
改めて気付かされた「ライフハッカー」の記事だった。
ここから画像を抽出するという発想につながるところが、
なかなか鋭い視点だなと思う。


ちなみに、「ライフハッカー」の記事はTwitterでけっこう反響あるみたい。
読んでて面白い。
http://twitter.com/#search?q=http%3A%2F%2Fwww.lifehacker.jp%2F2010%2F11%2F101112imagefromword.html

タグ:EXCEL WORD
Clip to Evernote
posted by 綴喜 功 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169642203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。