2010年11月10日

ほぼ日手帳WEEKSが届いた

R-style@rashita2さんにとりまとめていただいて、
「ほぼ日手帳WEEKS」のモニターに応募していただきました。


応募が多かったようですが見事当選して、
私も手帳を手にすることができました。ありがとうございます。

DSCN2706



■ウワサを検証


さっそく開封して、恐る恐る360度折り曲げてみました。
ウワサどおりです。しかも、きっちり復元します。すばらしい。

DSCN2707


60ページの自由書きこみ欄があるのに、かなり薄いです。
厚さは10円玉5枚分。
これならポケットに入れて持ち歩けそう。


DSCN2708



■ちょっと意外な点


パッと見た印象、よくあるビジネス手帳との違いがわかりません。
見た目の違いといえば、罫線ではなくてマス目が引かれているところでしょうか。


ほぼ日手帳の特徴だと思っていた「日々の言葉」「バタフライストッパー」は
こちらには見られず、けっこう地味な感じ。


ページの端が銀色になっていて、その加工のせいか、紙と紙がくっついてました。
全部はがすのが面倒でした。




■これはいいと思う点


大安、仏滅などの六曜が載せられている。わかっているなー。
いまでもビジネスではゲンをかつぐことも多いので、これはありがたい。


月の満ち欠けが書かれているのはなんでだろう?
でも、個人的には月を見上げることが多いので、これはこれで嬉しい。


「ほぼ日の路線図」がついているのはありがたい。




■まずは使ってみます


シンプルさが売りのようで、自由度が大きいゆえに、
使う側も知恵を絞ることが大事なようです。


11月29日から使えるので、まずは使って
なじんでいこうと思います。



「ほぼ日手帳WEEKS」サイト
http://www.1101.com/store/techo/weeks/index.html



タグ:ほぼ日手帳
Clip to Evernote
posted by 綴喜 功 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。